Xbox XboxOne

BEAM インタラクティブ SDK 2.0発表! 視聴者も配信に参加できる!

更新日:

LINEで送る
Pocket

BEAMは”低遅延であること”から現在注目を集めていますが、本来のユニークな点はインタラクティブであることです。

 

rsz_game-bar_beam-broadcasting_windows-10[1]

 

ゲーム配信において動画配信、視聴者とのチャットといった基本的な機能に加えて音楽、証明、さらにゲーム自体に影響を与えることが出来ます。 GDCではマイクロソフトはBeamで今後実装される機能について語りました。

 

・ユーザー毎のコントロール - 多くの個人と対話可能なコントロールイベントが実装されます。

・ダイナミックコントロール - インタラクティブな要素を追加します。

・メレーブルコントロール - テキストや火花などでゲームプレイを演出できます!

・グループ - ユーザーコントロールやチームやコレクションでグループ化できます。

・新しい制御エディタはインタラクティブスタジオに改名されます。

 

 

ソース:

https://mspoweruser.com/microsoft-announces-beam-interactivity-2-0-sdk/

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

2chまとめサイト、過去に2chまとめサイトとして運営されていたサイトへの掲載は禁止しています。 中には文章だけコピーして貼り付けている方もいらっしゃいますが違法行為です。 続けて行われている方は不法行為に基づく損害賠償請求をさせて頂く可能性もあります。 また問題が起きた際対応出来るようにコメントや各種サイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Xbox, XboxOne

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.