WindowsPhone

NuAns、Windows10 Mobileをやめた理由はマイクロソフトにあった?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

先日トリニティから発表されたNu Ans Reloadedですが従来機種Windows10 Mobileが採用されていたのに対して今回はAndroid 7.0を採用したことが大きな変更点となっています。

これらの理由についてマイクロソフト側の対応への不満があったことが理由だとコメントしていることが分かりました。

 

imgSimulation[1]

 

NuAnsは日本初のWindows10 Mobile搭載端末でSnapdragon 617を搭載し、ディスプレイに繋ぐとPCのように振る舞うことが出来るWindows10 Mobileの特徴的な機能Continiuum for Phoneにも対応した端末でした。

またバックカバーを着せ替えることが出来る独自仕様も国内外から注目を集めていました。

 

日本のWindowsPhone、Mobile界隈はWindowsPhone8世代は空白の期間でしたがWindowsPhone8.1末期に突如マウスコンピュータからSIMフリー端末が登場しその後トリニティ、フリーテル、ドスパラなど多くのメーカーが参入し話題を集めました。

しかし同時期にアメリカを初めとしたWindows10 Mobileを取り扱っていた地域では人気が下火となり、マイクロソフト自身もサポートから段階的に手を引いていっている状態のため多くのメーカーが苦戦を強いられている状態です。

追記:またSnapdragon 625がWindows10 Mobile OSでサポートされていないのも決定的だったようです。

 

なお既存のWindows10 Mobile搭載のNuAnsNEOは本体価格を29800円に値下げし今後も販売が継続されるとのことです。

 

ソース:

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/022000833/

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

2chまとめサイト、過去に2chまとめサイトとして運営されていたサイトへの掲載は禁止しています。 中には文章だけコピーして貼り付けている方もいらっしゃいますが違法行為です。 続けて行われている方は不法行為に基づく損害賠償請求をさせて頂く可能性もあります。 また問題が起きた際対応出来るようにコメントや各種サイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-WindowsPhone

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.