Windows講座

外付けドライブにiPhoneのバックアップを作成する方法

更新日:

LINEで送る
Pocket

容量が少ない安価なWindowsノート/タブレットで

iPhoneのバックアップを作成しようとしようとすると

たいてい容量の問題で躓きがちです。 今回は外付けHDDなどに

バックアップを保存する方法をご紹介します。

 

 

近年低容量機種が増えている

最近はSSDやフラッシュメモリを採用したWindowsPC、タブレットが増えているため

安価な機種では32GBくらいの機種もあります。

このような機器でiPhoneのバックアップをとるにはやはり容量が足りません。

 

設定方法

image

1.スタートボタンを右クリック

2.ファイル名を指定して実行®を選ぶ

3. %APPDATA%\Apple Computer\MobileSyncと入力してOK

4.Backupファイルを削除

5.スタートボタンを右クリック

6.コマンドプロンプトを選ぶ

7.mklink /J "%APPDATA%¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup" "D:¥Backup"と入力する

※D:\Backupの部分はバックアップしたいドライブに変更してください。

8.後はiTunesでバックアップすればOK、きちんとバックアップが作成されるかフォルダで確認しましょう。

 

 

ソース:

http://news.mynavi.jp/articles/2016/09/18/ipadiphonehacks/

 

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

2chまとめサイト、過去に2chまとめサイトとして運営されていたサイトへの掲載は禁止しています。 中には文章だけコピーして貼り付けている方もいらっしゃいますが違法行為です。 続けて行われている方は不法行為に基づく損害賠償請求をさせて頂く可能性もあります。 また問題が起きた際対応出来るようにコメントや各種サイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows講座
-, , , , ,

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.