Windows:ゲーム(Xbox)

Killer Instinct Windows10版とXboxOne版の違いとは?

更新日:

LINEで送る
Pocket

 

最新作キーラインスティンクトシーズン3が

XboxOne、Windows10でリリースされました。

UWP対応Xboxゲームとしては公式では実質初になるかと思います。

(Pac-Man CEDXやライズオブザトゥームレイダーはありますが、

クロスバイ、クロスプラットフォームプレイに対応した作品としては恐らく初です)

 

スクリーンショット (34)

 

クロスセーブの仕様について

スクリーンショット (33)

まるでXboxOneのような扱いになっています。

 

XboxOne本体で同じゲーマータグで起動した状態で

Windows10版を起動するとおなじみの

クラウド同期エラー画面が表示されます。

 

XboxOne側のキラーインスティンクトを終了すると

クラウド同期が行われ、普通にプレイ出来ました。

 

クロスバイについて

スクリーンショット (35)

同じゲーマータグを持つMicrosoftアカウントで

サインインすればそのまま持っているキャラクターが使えます。

 

ただしシーズン3コンテンツのクロスバイについては

現状エラーが出るようですので注意してください。

今後アップデートで対応予定とのこと。

 

オンラインクロスプラットフォームについて

Windows10版では数分間のパフォーマンステストが必要です。

なぜならスペックが低いPCでカクカクのコマ落ち状態でプレイしていると

相手側のオンラインプレイにも影響が出てしまうからです。

 

キラーインスティンクトはオンラインプレイの

ラグに関してはかなり調整されている作品で

海外ユーザーとのプレイでもラグを感じることはほぼありません。

 

 

スクリーンショット (43)

ちなみに私のPCでパフォーマンステストしたところこんな感じでした。

初期設定のままでも大丈夫でした。

 

実績システムについて

Xboxの特徴の1つである実績ですが

XboxOne版、Windows10版ともに共通です。

実績中毒の人にはちょっと残念かも?

 

Killer Instinct コンボブレイカー パック
日本マイクロソフト (2014-11-06)
売り上げランキング: 3,921

--

 

個人的にはUWP、すごく歓迎です。

LINEで送る
Pocket

-Windows:ゲーム(Xbox)
-, , , , , ,

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.