Windows

32TBに及ぶWindows10などのソースコードが流出、Microsoftが発表。

更新日:

LINEで送る
Pocket

EN-US_Windows_Features_Overview_Security_1040x585[1]

Windows10のソースコード、ドライバなどのデータを含む約32TB分のファイルがインターネット上に流出したとマイクロソフトが公式に認めました。

 

この流出した情報にはWindows10のドライバやOneCoreカーネルコード、未公開のARM版やモバイルデバイスでWindows10 Mobileを動かすためのWindows10 Mobile Adaptation Kitなどが含まれていたようですが現在は削除されています。

 

マイクロソフトによるとこのソースコードはShared Source Intiativeの一部で、OEMやマイクロソフトのパートナー、政府のために公開されていたもののためWindows2000の流出の時ほど大きな問題ではないと認識しているとのこと。

また容量が大きかった理由についてはWindows InsiderやConnectのメンバーに提供されていたWindows10のベータビルドが含まれていたというのもあるようです。

 

このコードのリークをされた翌日、マイクロソフトのネットワークへの不正アクセスの疑いで2人の男がイギリスで逮捕されています。 1人はリンカンシャーに済む22歳男性、もう一人はブラックネルの22歳男性とのこと。

彼らはWindows10のBuildを収集しており、またベータアーカイブへの投稿を行っていたことも分かっています。

 

今回の逮捕がソースコードリンクの関係があるかは定かではありませんが、ソースコードから悪意のあるハッカーが脆弱性を見つけWindows10を攻撃することが懸念されています。

 

追記:

実際にソースコードのリークがあったファイルサイズは1.2GB程度のようです。

 

ソース:

https://www.theverge.com/2017/6/24/15867350/microsoft-windows-10-source-code-leak

http://taisy0.com/2017/06/24/84317.html

 

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

2chまとめサイト、過去に2chまとめサイトとして運営されていたサイトへの掲載は禁止しています。 中には文章だけコピーして貼り付けている方もいらっしゃいますが違法行為です。 続けて行われている方は不法行為に基づく損害賠償請求をさせて頂く可能性もあります。 また問題が起きた際対応出来るようにコメントや各種サイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.