Windows

Windows10 次期アップデートで「省電力モード」サポート予定。

更新日:

LINEで送る
Pocket

Windows10 Insider向けに省電力機能として電力を管理する新しい機能が追加予定のようです。

 

Windowsのユーザーは殆どが複数のアプリケーションを同時に利用し、バックグラウンドで実行しています。

そこで次期アップデートではマルチタスク機能にアクセスしつつ、バックグラウンド動作の電力効率を調整することでプロセッサを効率よく動かすことが出来るようになります。 これは1月から実験的に導入され、いくつかのケースでは11パーセントものバッテリー削減効果があったとのこと。 今後も改善を続け長時間バッテリーを実現を目指すようです。

 

2-58f65002d7344[1]

 

プレビュー向けには既に提供されており、電力コントロールからパワースライダーを調整することでバッテリー節約状態にすることが出来るようです。

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

2chまとめサイト、過去に2chまとめサイトとして運営されていたサイトへの掲載は禁止しています。 中には文章だけコピーして貼り付けている方もいらっしゃいますが違法行為です。 続けて行われている方は不法行為に基づく損害賠償請求をさせて頂く可能性もあります。 また問題が起きた際対応出来るようにコメントや各種サイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.