Windows

Windows10ではない従来のWindows、新しいCPUは使えない可能性

更新日:

LINEで送る
Pocket

マイクロソフトは今後Windows10にフォーカスしていくとして

7、8.1から2016年7月まで無料アップグレードプログラムを用意していましたが

アップデートがやや強引だったこともあり意地になってアップグレードしなかった人、

アプリの互換性などを理由にアップグレードしなかった人なども多いのではないでしょうか。

 

 

162e14c2-s[1]

 

新世代CPUはサポートされない

しかしマイクロソフトはWindows7やWindows8.1に対して

本格的にサポートしていく方針はないことは明確にされており、

今後リリースされるIntel Kaby Lake、

AMD Bristol Ridge、Summit Ridge世代のCPUは

従来のWindowsではサポートされません。

 

なおWindows7、8.1では今後新しいCPUをサポートしないことは

以前からアナウンスされていました。

 

PC買い換えの場合はWindows10しか選択肢がない!?

つまり今後発売される世代の新しいCPUを搭載した

コンピュータを購入した場合、

Windows7やWindows8.1のディスクがあったとしても

OSがCPUをサポートしておらず動作が不安定になり使えない可能性もあります。

新しいコンピュータを買った場合は素直にWindows10を使った方が良さそうですね。

 

セキュリティサポートの期限

従来のWindowsPCをそのまま使いたい場合、

Windows7は2020年1月14まで、Windows8.1は2023年1月10日まで

セキュリティアップデートなどのサポートが提供される予定です。

 

ソース:

http://www.custompcreview.com/news/microsoft-ending-support-new-hardware-windows-7-8-1/32239/

http://news.livedoor.com/article/detail/11983115/

 

Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 (新価格版)|USBフラッシュドライブ
マイクロソフト (2015-11-06)
売り上げランキング: 15

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows
-, , , ,

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.