Windows

マイクロソフト、iOS/Androidアプリ開発ツール、Xamarin Freeを発表! 超高価な開発環境が無料に。

更新日:

LINEで送る
Pocket

 

マイクロソフトはBuild 2016にて

90%のコードを流用して複数プラットフォームのアプリを

開発することが出来るXamarinを無料化すると発表しました。

 

Xamarin-Visual-Studio[1]

 

従来のXamarinの価格

image

 

Android版、iOS版開発で 最低でも127800円をそれぞれに払う必要がありました。

しかしMicrosoft社がXamarinを買収したことで

すべて無料で開発できるようになります。

 

コードの90%を使い回してネイティブアプリが作れます

Xamarinの最大の特徴は異なるプラットフォームの

アプリ開発でもコードを使い回すことが出来ると言うこと。

残りの10%部分はOS依存のUIや決済システムの部分ですが

基本的な部分はすべて使い回して作ることが出来ます。

 

作ったアプリはiOS、、WindowsPhone向けアプリとして

作成することが出来ますよ。

 

かゆいところにも手が届く!

iOSでもC#言語で開発することが出来、

Apple WatchやAndroid Wear向けアプリの開発も可能。

 

 

他社プラットフォーム開発もOK

マイクロソフトの開発ツールなら

Windows用しか作れないのでは・・?と心配の方もご安心を!

Android、iOS用アプリ開発も無料で作ることが出来ます。

 

さらに開発環境はMacにも無料で提供。

太っ腹ですね!

 

いますぐ無料でダウンロード

https://store.xamarin.com

 

C#によるiOS、Android、Windowsアプリケーション開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ)
増田 智明 大西 彰
日経BP社
売り上げランキング: 35,501

--

LINEで送る
Pocket

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.