ニュース

Google、アップル、マイクロソフト…IT大手の全く異なるビジネスモデル

更新日:

LINEで送る
Pocket

IT業界の古参3巨人といえばGoogle、マイクロソフト、アップル。

近年ではFacebookやTwitterなどSNS系企業があがりがちですが

やっぱり昔からの巨人達は今もなお強いです。

そんな3社ですが実はまったく違うビジネスモデルだとしってましたか?

 

 

Google-Apple-Microsoft[1]

 

アップルはほぼiPhoneで売り上げ

160301-zdnet-1-03-aapl-revenue-1601-e1457254553874[1]

iPhone、iPad、Mac、そしてicloudなどのサービスが

あるアップルですが売り上げの6割を超える数値は

iPhoneとなっておりiPhoneに頼った経営になっています。

 

その他iPadやMac、サービスはそれぞれ5-10%程度となってますね。

 

 

Googleはほぼ広告

160301-zdnet-1-01-goog-revenue-1601-e1457254817222[1]

Google検索、Youtube、gmail、そして

AndroidなどのプロダクトがあるGoogleですが

なんと9割広告収入に頼っているとのこと。

YoutubeやWeb広告の効果は大きいようですね。

 

 

マイクロソフトはバランス型

160301-zdnet-1-02-msft-revenue-1601-e1457254617912[1]

WindowsやOffice、XboxにLumia、Surfaceなど

たくさんの製品を持つマイクロソフトは売上が分散してます。

 

1番はサーバー、クラウドでOutlookやOffice 365、

そしてiCloudを初めとする他社へのサーバ貸出もあるようですね。

2番目は日本ではピンと来ないかもしれませんがXbox事業です。

近年家庭でPCを使う人が減ってきているためWindows10に

Xbox機能をつけることを発表し話題になっていますね。

 

http://japan.zdnet.com/article/35078729/

Xbox One (Halo: The Master Chief Collection 同梱版) 5C6-00006
日本マイクロソフト (2014-11-13)
売り上げランキング: 1,651

 

--

 

Xbox事業、実際は絶好調なようですね。

LINEで送る
Pocket

Twitch

Twitch

-ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© WindowsPhoneteq , 2017 AllRights Reserved.